弁護士にお世話になったエピソード

弁護士とは、日常生活でお世話になることは少ないものです。

弁護士にお世話になったエピソード

弁護士とは、日常生活でお世話になることは少ないものです…

弁護士にお世話になったエピソード
★ 41歳 女性の場合
弁護士とは、日常生活でお世話になることは少ないものです。

しかしながら、数年前、父が遺産相続でもめた際、弁護士に相談にのってもらったことがあります。
あまりにも、遺産相続で分配の少なかった長男の父。色々な感情がこみ上げて、まずは自治体の弁護士の無料相談に行きました。

しかしながら、時間の決められた無料の弁護士相談では、もっと聞きたいこと、相談したいことに突っ込めず、結局同じ弁護士さんの事務所に有料で相談に乗ってもらうことにしました。

遺産相続の件でも、父に対して不利な遺書はあっても、主張できる遺産が法律的に認められていることを知りました。
結局、その後の遺産相続も弁護士さんに依頼して相続に関する話し合い、手続きをお願いしました。

確かに弁護士さんを依頼すると、お金がかかります。
しかし、明らかに法律で守られている、理不尽な出来事に対して、法律に無知な一般人を救ってくれる存在が弁護士の仕事なのだと分かりました。