弁護士にお世話になったエピソード

土地の相続に関して、弁護士に相談をしたことがあります。

弁護士にお世話になったエピソード

土地の相続に関して、弁護士に相談をしたことがあります…

弁護士にお世話になったエピソード
★ 39歳 男性の場合
土地の相続に関して、弁護士に相談をしたことがあります。
円満に相続できることを期待していたのですが、金銭や土地が関わると、互いの主張があり思うようにいかなくなってきてしまいました。
相続にはいくつかの方法がありますが、基本的には遺言がない限りは、法律に従って分けるのが最も公平になるはずです。

そこで弁護士に相談をして、どのように資産を分割するのがいいか意見をもらいました。
また、弁護士が関わることで、それぞれが主張しにくくなるという利点もあります。お陰で、冷静に相続を円滑に進めることが出来るようになりました。

ただ、中立的な立場で弁護士に関わってもらったからこそはかどったわけで、もしこちらの主張を通すために弁護士を利用したのなら、いっそう話がややこしくなったかもしれません。相手も弁護士を立ててきて、もはや身内という関係が成り立たなくなってしまうこともあるでしょう。
弁護士に相談する時は、その着地点もきちんと決めておく必要があります。