弁護士にお世話になったエピソード

何年か前、新しいマンションに引っ越した直後に、生ごみ処理のディスポーザーの業者の訪問を受け、いかにもそのマンションと正式提携しているような言い方をされたため、工事を依頼し

弁護士にお世話になったエピソード

何年か前、新しいマンションに引っ越した直後に…

弁護士にお世話になったエピソード
★ 51歳 女性の場合
何年か前、新しいマンションに引っ越した直後に、生ごみ処理のディスポーザーの業者の訪問を受け、いかにもそのマンションと正式提携しているような言い方をされたため、工事を依頼しました。

その後、管理人に確認したところ、マンションとは全く関係ない業者であったことが分かり、生ごみ処理ディスポーザーを取り付けることは許可していないと言われたため、契約をキャンセルできないかどうかを弁護士の無料相談を使って質問しました。
その結果、クーリングオフという制度があり、契約書面の交付から一定期間以内であれば、契約をキャンセルできるということを教えていただきました。
業者側の反応が不安でしたが、勇気を出して連絡し、無事に工事を取り止めることが出来ました。

今は、法律に関する相談が比較的簡単にできる窓口やサイトがあり、自治体の役所に弁護士が来て法律の相談に乗ってくれるケースもあるようなので、困ったことや何か疑問に思うことがあった時には、相談したいと思います。